お酒を飲んで覚えていること、覚えていないこと

お酒を飲むとよく記憶がなくなるという話を聞きますよね?気分よく飲んでお店を出たあと、いつの間にか家に帰ったということが身の回りでよくあるのではないでしょうか。大抵の人はお酒の飲み過ぎでアルコールが回ったから記憶がなくなったと考えます。ですが、実はどんな深酒であろうと人は寝る前まで記憶が残っているのだそうです。これは記憶した内容が大事なものだったかそうでなかったかということによるようです。

 

脳の中にある海馬という部分は生きていくために大事な情報ということをポイントに記憶する、しないを分類します。そして大事な情報は睡眠中に記憶として定着していくのです。飲んでいる時に話していることはもしかしたらどうでもいい内容の方が多いかもしれません。よく飲みながら打合せすると言いますが、ある意味それは接待といった感覚でしょう。

 

また重要な内容の打合せなら、記憶がなくなるほど飲まないよう自ら注意するはずです。結局「記憶がない」ということは飲んで記憶をなくしたということではなく、その時インプットした情報がさほど大した内容ではなかった、ということがほとんどであると考えてよいでしょう。このようにお酒を飲むと記憶が飛んでしまう人がいるのに対して、酔っぱらっていたのにとんでもない話を覚えていたり、ヨレヨレと千鳥足で歩いていたのにちゃんとその道のりを覚えているという人もいます。

 

この場合、その人にとって生きるために大事な情報が脳にインプットされているところ、もしくはインプットされた状態ということを表しています。先述の通り脳が生きるために大事だと認識した情報は、帰宅した後、睡眠中に記憶へ定着されていきます。単に酔っぱらった余りの行動なのですが、自分が生きていくための記憶の1つになっているんだと考えると何だかおもしろいと思いませんか?